媚薬にある効果とは?

 媚薬を服用するとこによって性的興奮を増加させたり感度を良くすることができる薬のことです。媚薬の種類としては液体タイプ、粉末タイプ、錠剤タイプなど飲んで服用するもの、ローションやオイルなどの体の部位に塗布して使用するもの、そして香水として付けるフェロモンタイプのものが存在します。媚薬を使用することによって体の血流が良くなり膣内や外陰の血液が増加することによって感度が良くなります。膣内の血流が良くなると分泌液が増加して間接的に快感を増加することができます。
 媚薬を使用することで得ることができる効果には3つの種類があります。1つ目は催淫効果です。催淫効果とは一般的に自分に惚れさせる惚れ薬的な作用のことを言いますが、実際には薬の効果によって判断力ななくなり胸の動悸や興奮によって目の前の相手が魅力的に感じるというものです。例えて言うならば飲酒をしたような状況と言えるでしょう。2つ目は発情効果です。発情効果とは性的な興奮が高まることによって性行為をしたくなるような作用のことを言います。女性は男性に比べて性欲を理性で抑えてしまう傾向がありますが、発情効果によって性欲を高まらせ理性を崩すことが可能です。また、発情効果を得ることで一度絶頂を迎えても何度でも性行為をしたくなるような性的興奮が続くこともあります・3つ目は性感アップ効果です。体の血流を良くすることによって感度を上げたり濡れやすくする効果があります。性感アップ効果は特に塗るタイプの媚薬で効果を得ることができます。感度が増加することによって絶頂不全や不感症を改善し何度もオーガズムに達することができるなどの効果が期待できます。このように媚薬には3つの効果を得ることができます。

▼自分は媚薬を使い、パートナーがEDだった場合にはお薬で解決しましょう
タダシップ